健康な歯茎を保ちたい
歯周病は、予防と治療が大切です

健康な歯茎でいたいあなたへ・・・。
お口の中は大丈夫ですか?

さて、あなたはいくつチェックがつきました?
1つでもチェックがついたあなたは、歯周病(歯槽膿漏等)の危険性があります。
私達にご相談下さい!

歯周病とは?

歯周病とは細菌が引き起こす歯周組織(歯の周りの組織)の病気で、進行すると歯を失う原因にもなります。
また歯周病の原因である細菌が体に影響を与え、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があります。

歯周病の原因って何?

歯周病の原因は歯の汚れの中にいるバイ菌(プラーク)の放置です。

健康な状態

ピンク色の歯肉
ブラッシング時に出血がない
歯肉が引き締まって弾力がある

歯肉炎

赤色の歯肉
歯と歯の間の歯肉が丸く膨らんでいる
プラークが残ったままの状態が続くと歯肉に炎症が起き2~3mmの隙間が出来ます

時々ブラッシング時に出血がある

プラーク、歯石が付着し歯槽骨がとけはじめている状態
歯肉の炎症がひどくなり歯周組織に歯周病菌が侵入し歯の周りの組織(歯周組織)も破壊し始めた状態

ブラッシング時に出血がある
歯肉に赤みがある
時々歯肉が浮いたような、むず痒いような感じがする

歯周病が進行し歯周組織の破壊がさらに進み、歯が動き始めます

口臭が気になり始めます
歯肉が赤く腫れ痛む事がある
歯肉からの出血、膿がでることがある

歯周病がさらに進行し歯槽骨が半分以上溶けて、歯を支えられない状態。
歯肉が腫れ、膿がでて歯が動いていて咬めないような状態

口臭もひどくなる
歯肉がブヨブヨと腫れ出血があり膿がでる
食事がとりにくくなる(咬みにくい)

歯周病の治療法って?

原因は汚れです。この汚れを取り除くことが治療になるのです。
お口の中は一人ひとり違います。まずは自分にあった歯の磨き方で汚れを落としましょう。
ただ歯ブラシではどうしても落とせない汚れがあり、定期的な治療が必要です。
治療は私達歯科衛生士にお任せ下さい。

当院で行った歯周病の治療例

歯周病は生活習慣病のひとつです。長期にわたり自分自身で管理していく事は難しい事です。
定期的なメンテナンスを行い、健康な歯ぐきでいる事が大切です。

そして、そのお手伝いを私達歯科衛生士が致します。どうぞお気軽にご相談下さい。

治療が終わったら、健康な歯と歯茎の状態を維持するためにセルフケアと定期的な受診がとても大切です。